FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥオーモ付属美術館 ピエタ  

フィレンツェのドゥオーモ付属美術館は、
ドゥオーモの裏手にまわってひとけの無い地味な入り口を入り、これまたすんなりと入れてしまった。
なのに!なのに!展示してある作品は見事に世界レベルの「大物」。

ピエタ遠景00421
一体どうなってるの〜っ?!と叫びたいほど、
ミケランジェロの有名な“四大ピエタ”のひとつが、隠れ家のような小さな一室に現れた。

ピエタ正面00417
十字架から降ろされたキリスト、左はマグダラのマリア、右は聖母マリア、背後にニコデモ。
キリストの痛々しいほどの折れてしまった身体を支える3人の構図。未完なのに完璧。

2ピエタ横顔
ニコデモは70歳を超えたミケランジェロが自身の顔を彫ったと言われている。
無骨な性格、男前ではなかったミケランジェロ・ヴォナローティ。
ニコデモが、いや私にはミケランジェロがゾクッとするほど神々しく、いつまでも仰ぎ見ていたかった。


ピエタ右00424
大理石の塊から中に埋まっているものを掘り出すとはこのことか。
時空を超え、ノミを打つ音が聞こえるような、まだ荒削りな石肌が迫る。

ピエタ左00427
この近距離、360度眺められる大胆な展示法にも度肝を抜かれる。
どこからみても哀愁漂うミケランジェロ晩年の未完作「ピエタ」は
フィレンツェの旅で一番心に残っている作品。


ランキング“応援クリック”宜しくデス
にほんブログ村 環境ブログへ

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

春野

Author:春野
イラストレーター。
アロマエコライフプランナー。
人間中心になりすぎた世界。自然や生き物たちの叫びは心の耳を澄ませばいつでも聞こえます。写真は愛猫故ルナ。アロマ本には、もの言えぬ動物の代表で登場。

●ホームページ
中条春野HP

●書籍●
2015 台湾版も出版されました。
ファミリーアロマ実践エコレシピ!絵と文 中条春野 幻冬舎

↑動物実験の犠牲のない手作りスキンケア、ハウスケアのノウハウ満載!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。