FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士屋ホテル

富士屋ホテル全景
箱根の登山電車で小さな駅、宮の下で降り、急な坂を下ってから歩くこと6、7分。
左前方にデーンと現れた富士屋ホテルの敷地。建物はその高台に見え隠れする。

表玄関
坂を上り、赤い欄干の橋を渡ると、玄関が見えてきました。

娘が『お母さん!富士屋ホテルにいったらね。実際に美術品として展示して
あるものではないらしいけど、興味深い彫刻とか飾り物があるんだって。
だから注意して見てきた方がいいよ。』と。でも、勉強不足のまま来てしまった(汗)。

で、夫がチェックインしている間、キョロキョロ挙動不審者の私。
見つけた!見つけた!きっとこれだ!?
ロビー彫刻富士
一枚板に富士山の彫刻が!圧巻。昔、フロントのカウンターだった場所だそうです。
現在は階段の脇の細い通路になっているため、目立たなく実に勿体ない感有り。
しゃがみ込んでみてるのは私しかいませんでしたし。

鶏彫刻
これまたびっくり!頭上に鶏の彫刻が。それも尾長鶏!!
飴色の柱に白い着彩が施してあり美しい。
奥の廊下にはヘレンケラーが尾長鶏を抱いている写真がありました。実在した尾長鶏だそうです。
他の柱にも、品格を感じる、瓢箪や、鳥の彫刻が彫ってありました。

ダイニング
ダイニングは天井も圧巻。
書、絵、昔の照明や珍しいタイルの暖房器など、
富士屋ホテルの歴史が至る所に点在して居ました。
カフェも古風でお庭が楽しめます。シュークリーム美味でした。

部屋外観
1936年に建てられた「花御殿」外観。
明かりがともっていない部屋が今回泊まった部屋。
迷路のような廊下を曲がりたどり着きました。

ルームキー
「花御殿」は全て花の名前。私たちは百合の部屋。
ルームキーも百合の絵柄。キーは4代目だそう。

百合の絵
バタフライテーブルに百合の絵が落ち着きます。

百合絨毯
絨毯、クッションも百合。

百合タイル
バスルームのタイルにも百合。
大浴場もありましたが、部屋のバスルームも温泉がひいてあり優しいお湯でした。

真
昨年の個展のすぐ後、この箱根旅で疲れを癒しました。
念願だった富士屋ホテル宿泊を叶えてくれた夫に「アリガトウ」。

ランキング“応援クリック”宜しくデス
にほんブログ村 環境ブログへ


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

春野

Author:春野
イラストレーター。
アロマエコライフプランナー。
人間中心になりすぎた世界。自然や生き物たちの叫びは心の耳を澄ませばいつでも聞こえます。写真は愛猫故ルナ。アロマ本には、もの言えぬ動物の代表で登場。

●ホームページ
中条春野HP

●書籍●
2015 台湾版も出版されました。
ファミリーアロマ実践エコレシピ!絵と文 中条春野 幻冬舎

↑動物実験の犠牲のない手作りスキンケア、ハウスケアのノウハウ満載!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。