FC2ブログ

はな子の死から考えたいこと。

以下写真「DAYS JAPAN」より。
DSC06027.jpg
一生をコンクリートに囲まれ家族も無く過ごしたはな子は
何を私たちに言い遺したかったか考えたい。
動物の本来の姿とは?動物園の存在とは?
動物が囲いの中で幸せな筈がないのに、人は理由をつけてそれを正当化する。
そんな事いい加減止めにする方向へ、大きく舵をきる事が、
せめてもの、はな子への懺悔ではないだろうか。
こうしている今も、はな子と同じ境遇の動物たちは日本全国に沢山いるのだから。

____________________________________
タイから日本へ連れて来られたはな子は2歳。一人で不安だったろうな。
IMG_1.jpg

落ちても上がってもコンクリート。
エネルギーが有り余ってしまう、まだ若いゾウのはな子。
哀し過ぎる写真
IMG2.jpg

ずっとひとりぼっちだったはな子。
見物人は家族があり自由があるのに。
DSC06028.jpg

以下写真「中日新聞」記事写真より。
亡くなる数時間前のはな子。
はなこさん老衰

以下は、2007年にズーチェックに訪れたとき私が撮った写真。
この時はな子の檻の前には60歳を祝う紙が貼られていたが
檻の中のはな子は、寂しそうに身体を静かに揺らし続けていたのが忘れられない。
謝罪の言葉は無意味かもしれないけれど・・・やはり謝りたい。
ごめんなさい、はな子。
20071009203847.jpg

ランキング“応援クリック”宜しくデス
にほんブログ村 環境ブログへ

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

春野

Author:春野
イラストレーター。
アロマエコライフプランナー。
人間中心になりすぎた世界。自然や生き物たちの叫びは心の耳を澄ませばいつでも聞こえます。写真は愛猫故ルナ。アロマ本には、もの言えぬ動物の代表で登場。

●ホームページ
中条春野HP

●書籍●
2015 台湾版も出版されました。
ファミリーアロマ実践エコレシピ!絵と文 中条春野 幻冬舎

↑動物実験の犠牲のない手作りスキンケア、ハウスケアのノウハウ満載!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle